• Facebook
  • Twitter
  • 黒のYouTubeアイコン

© 2019 CRAFTAR

クイックキャビンVR™

 「Quick Cabin VR™」は、CASE*時代のヒューマンマシンインターフェース(HMI)の評価を、VR上で行えるように開発されたクラフター独自のバーチャルPoCプラットフォームです。*Connected,Autonomous,Shared&Services,Electric

 HMIはもちろん、車両やコックピット、外部空間などすべてをVR空間で構築しているため、あらゆる要素をフレキシブルに変更可能。クライアントがデモンストレーションしたい環境を自在に構築いたします。

 たとえばデジタルクラスターの表示や、ディスプレイそのものの位置や形状を変化させて、リアルなVR空間内で理想を追求することができます。

 またアイトラッキングと組み合わせることで、被験者の視点移動を分析し、バーチャルPoCに反映させることができます。例えば、社会的にも重要度を増すシニアドライバーの反応検知も、シニア特有の視野を再現した「Quick Cabin VR™」にて被験者の反応を抽出すれば、より有用性の高いデジタルクラスターやHUDなどのUX/UIの開発へとつなげられます。

 「Quick Cabin VR™」のベース車両はプラットフォームとして組み上がっているため、3DCGモデルをイチから作る必要がありません。ベースモデルを必要に応じてカスタマイズするだけですので、大幅なコスト削減と時間の節約になります。

 さらにクラフターでは、「ATL™(アニメーション・テクノロジー・ラボ」の知見にもとづくまったく新しいHMIのご提案も行っており、既に様々なメーカー様とのプロジェクトが進行中です。世界最高峰のモーションデザインから、バーチャルPoCによるアジャイルな開発、さらには実車への実装までワンストップでお任せいただけるのはクラフターグループだけ。PoCの効率を劇的に高め、実車への反映もダイレクトに行える「Quick Cabin VR™」を、是非あなたのビジネスの新しいエンジンとしてください。