あした世界が終わるとしても

NEWS

CRAFTARとクラフタースタジオが制作するオリジナル長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』が、アヌシー国際アニメーション映画祭2019の長編コンペティション部門に選ばれました!関係者の皆さんおめでとうございます。
また、この作品を支えてくださったすべての皆様に感謝申し上げます。


<櫻木監督からのコメント>
このような歴史のあるコンペディションにノミネートしていただけるとは想像もしていなかったので、とても驚きを感じています。
制作チームの頑張りが評価されたのだと思うと素直に嬉しいです。
関わっていただいた皆様、またご鑑賞いただいた皆様に多大なる感謝を申し上げます。

STORY

幼いころに母を亡くして以来、心を閉ざしがちな真(シン)。
彼をずっと見守ってきた、幼なじみの琴莉(コトリ)。
高校三年の今、ようやく一歩を踏み出そうとしたふたりの前に突然、

もうひとつの日本から、もうひとりの「僕」が現れる――。


本作の監督・脚本をつとめるのは、クラフタースタジオに所属する櫻木優平。
岩井俊二監督『花とアリス殺人事件』、宮崎駿監督『毛虫のボロ』のCGスタッフとして頭角を現し、『日本アニメ(ーター)見本市』の一編『新世紀いんぱくつ。』で監督デビュー。
TVアニメ『イングレス』でTVシリーズ初監督をつとめました。

STAFF

原作:CRAFTAR 
監督:櫻木優平 
制作:クラフタースタジオ 
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会 
配給:松竹

公式サイト