世界のデジタル化が加速しています。

あらゆる産業にとって、その流れにどう対応するのか、お客様と新しいコミュニケーションをどう始めるのかは喫緊の課題。

クラフターのアニメーション技術は、そんな新しい時代の新しい解決策となるはずです。

 少し前まで、アプリやWEBサイトは商品や店舗の付加価値でした。つまりリアルなものが先にあって、デジタルなものがプラスアルファとして存在していたのです。
 しかし世界が音を立てて変わる中で、急激なパラダイムシフトが起こりました。

 人々は出歩いたり来店することを控える代わりに、webサイトやアプリ等オンラインコンテンツに触れる時間が長くなりました。そして、そこで得た体験や特別なリワードをきっかけとして、目的を持ってお店へ行くようになったのです。
 すなわち、リアル店舗起点ではなく、オンラインファーストの考え方が当たり前になり始めたということです。
 この新時代に重要なのは、いかにオンラインでの体験をリッチに、かつ煩わしく感じさせないやり方で提供できるか。
 クラフターのアニメーションは、この考え方に最適です。
 ブラウザ上でも軽快に動き、見る人の感覚に響くアニメーションは、様々なwebプロモーションの起点となることが可能。お客様の新しい販路を切り拓きます。

 

 現実に即して正しく描写された表現が、必ずしも人にとって心地よいものとは限りません。

 技術を更新し、いくら緻密さや正確さを高めたとしても、それだけではたどり着けない人間の気持ちがあるのです。

 アニメーションは、最新の技術と人の手が融合することで作られます。
 技術だけでも一見それらしいアニメーションにはなりますが、決して人の心を打つ表現にはならない。優れたアニメーターが、自ら培った経験や感性をフルに発揮して、魂を込めることではじめて完成するのです。
 クラフターは、様々な最新テクノロジーを導入したCGアニメーションを専門としながら、そのこだわりを何よりも重視しています。
 だからこそ、我々の手掛けるVRやインターフェースデザインは、単に見た目がきれいなものに留まらず、触れる人の感覚に響く、ひとつ上のクオリティを実現しているのです。
 これこそが、リアルを超えたリアリティ。

 アニメーションが生み出す感動の原点は「動くこと」にあります。
 作品の中で動くのは、決してキャラクターだけではありません。川のせせらぎや雲の流れ、木の葉のさざめき、瞬く光も、存在するものすべてが一コマ一コマ人の手によって作られ、芝居をしています。
 だからこそ、そこには作り手であるアニメーターの「伝えたい」という熱い意思が介在するのです。いくらデジタル化が進んでも、ここは変わりません。
 そしてここが、CGアニメーションを専門とするクラフターが最も大事にしているポイントでもあります。
 モーションキャプチャやAIなど最新技術を導入しながらも、アニメーションを生み出すクリエイター一人ひとりの技術とセンスを研ぎ澄まして、人の心を動かすための表現を生み出し続けます。

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン

© 2011 CRAFTAR Inc.